FC2ブログ

遺された魂は 再び独り

敗れ去ったモノの 墓場――

logs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お知らせ

 ここのブログは某所、の単語が分からない人は回れ右なブログです。

 なお、ここにある絵の無断転載などは禁止とさせていただきます。
スポンサーサイト

つれづれなるらくがきんちょ

 たまーに、らくがきとかのせたりなんだり。

...続きを読む

いつもの光景。いつもの変態。

 どこでねじ曲がったかは分からない。どこで道を間違えてしまったのかも分からない。
 ただ、何かを得ようとしただけだった。それが何かまでは分からないだろうと、それは手に入れた時にでも判明するだろうと曖昧な思考で考えていた。何気ない言葉を交わし、くだらない冗談を繋げているだけでそう信じられた。
 そう、あの気恥しい言葉も、意味など持たなかった行動も。少なくともそれをするぐらいには皆を信じることが出来ていた。皆を信用していた。
 いざという時は背中を守り、時には背中を預けて狂乱の宴を走り回っていたんだ。

 ――だから、こうなる事が分からなかったんだろう。


...続きを読む

再起動中

現在新しくスタートをするべく、再起動中でございます。しばらくお待ちください。

Paging Navigation

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。